シール材|吸音材|電池シールド板|粘着テープ
ヘッドライト用シーリング|通気性素材|天井のサポート|装飾テープ|キャビティ充填材|ボディブロッキングパッチ|保護フィルム

著作権所有  © 2017   常州浩達科技株式有限会社

常州浩達科技株式有限会社(グループ本社)

キーワード

住所:常州市罗溪镇空港工業園旺田路じゅうご号
ファックス:86-519-83290898

 

ニュースリスト
ISO/TS16949:2002品質管理システム認証を取得
通过ISO14001:2015环境管理体系换版认证
ISO9001:2000品質管理システム認証を取得
通过IATF16949:2016质量管理体系换版认证
ISO/TS16949:2009品質管理システムの更新審査に合格证复审
通过ISO9001:2015质量管理体系换版认证
ラバーの基本工程の流れです
公表時間:
2017-09-21 10:40
1、生胶塑炼  橡胶加工工艺对生胶可塑度有一定要求。为了满足各项工艺性能,生胶须经塑炼。但多数合成橡胶在合成过程中控制了生胶的初始可塑度.可以不经塑炼直接进行混炼。除此之外,天然橡胶、硬丁睛橡胶、异戊二烯橡胶、丁苯橡胶等都需进行适度的塑炼。  塑炼能降低橡胶的钻度,使配合剂容易混人;塑炼能改善橡胶的流变性能,减小口膨胀和压延收缩;塑炼还能提高胶料的溶解性和成型钻着性。塑炼必须适度,过度塑炼会降低硫
前のページ
1