会社案内

 

製造フロー

1、粘着塗工ライン

  塗工には大型塗工機を設置し、日本粘着工業会の専門加工技術を導入し運用されている。コーターヘッド部の隙間調節は精密に管理され、乾燥炉内の温度管理、引張に関する制御も自動化されている。圧着コーターは二軸となっており、粘着層の均一化・粘性の最適化を保証し、平均600㎡/h、年間粘着塗工量は120万㎡である。

 
 

2、加工・製造ライン

  加工にはバーチカル・下料机・複合機・スリッター・ハーフカット・連続プレスを設置。最終部品点数は150万件に至る。